日本の法律では、役所に入籍届を届出ることで結婚が成立します。しかし、役所に入籍届を出さないままで、実態は夫婦として生活を送るスタイルも珍しくありません。このスタイルは、内縁、または事実婚と呼ばれます。

ところで、法律婚(入籍届を届出している夫婦)の場合は離婚する時、ケースによっては慰謝料が生じることがありますが、内縁の場合も同じように別れる時に慰謝料が発生するのでしょうか?

内縁で別れ切り出されたら慰謝料を請求できる?

内縁は、婚姻届を出していないので、そもそも結婚しているとは認められません。そのため、別れるときも「離婚」とはいいません。一般的には「内縁関係を解消する」と表現し、戸籍や法律上では別れた後もなんの変化もありません。

そうすると、内縁関係は単なる恋人同士と同じのようにも思えます。もしそうなら、恋人同士が別れるからといって慰謝料云々の話にはならないように、内縁関係を解消したからといって慰謝料が発生することはなさそうです。実際はどうなのでしょうか?

しかし、内縁関係の解消は慰謝料請求の対象になる

内縁関係は、単に役所に婚姻の届出をしていないだけで、実質は夫婦と同じです。男女が同居して、子供を産んで一緒に育て、生活していきます。

内縁の夫が浮気して、他の女性と付き合い始め、内縁関係を解消しようと言ってきた。こんなケースはよくありますが、ここで内縁の夫の申し出を受けるなら、妻の方は一緒に暮らしていた家も出ていかなければならなくなるかもしれません。

二人の間に子供がいたら、内縁の夫と妻、どちらが子供を引き取るのでしょう?また、もしも内縁関係中に共同で家を買っていたとしたら、その家は夫と妻、どちらが所有することになるのでしょうか?

このように、内縁関係を解消するということは、法律婚をしている夫婦が離婚をするのと同じ環境の変化が伴うことになるのです。とくに、内縁を解消したいと言われた方の精神的・経済的負担は大きいもの。

そのため、裁判所は「内縁を不当に破棄されたものは、相手方に対して(中略)不法行為を理由として損害賠償を求めることもできる」としています。
婚姻届を出していないとしても、夫婦としての責任は発生するということです。

どんなケースで内縁の相手に慰謝料を請求できる?

内縁関係にあったとしても、法律婚の夫婦とおなじように損害賠償や慰謝料を請求できることがわかりました。では、具体的にはどんなケースで損害賠償や慰謝料を請求できるのでしょうか?

基本的に、損害賠償や慰謝料は、債務不履行、または不法行為があったときに請求できるものです。簡単に説明すると、債務不履行とは、守らなければならない義務があるのにそれを守らず、約束を破ることをいいます。不法行為とは、法律に違反する行為をすることです。

これを、内縁や夫婦関係に当てはめてみましょう。

例えば、夫婦には「同居してお互いに協力し、扶助」しなければならないという義務が民法によって定められています。結婚した後には、原則として同居しなければならず、お互いに協力し合わなければならないのです。

これは、実質的には夫婦である内縁も同じこと。もしも相手が同居したいと言っているのに、その意向に反して家を出てしまったら、それは「同居してお互いに協力し、扶助」する義務に違反していることになり、場合によっては損害賠償や慰謝料を請求されても文句は言えないということになります。

また、有責配偶者とは、夫婦関係を破綻させて離婚原因を作った方の配偶者のことです。例えばDVであれば加害者となっているほう、不倫であれば、不倫をした方の配偶者などを指します。

有責配偶者に対しては、損害賠償や慰謝料を請求できることがありますが、これは法律婚をした夫婦だけではなく、内縁上の夫婦でもおなじです。

内縁・事実婚の慰謝料の相場

内縁関係(事実婚)の解消のときには損害賠償や慰謝料を請求することができますが、慰謝料の相場はいくらくらいなのでしょうか?これも法律婚をした夫婦と同じく、原因となった不法行為や債務不履行、その状態がどれくらい長く続いたのか、二人の間に子供はいるかなどによって大きく変わってきます。

慰謝料の相場としては、数十万円〜300万円程度となっていますが、自分のケースで具体的に請求可能な慰謝料がどれくらいなのかということについては、数々の事例を扱っていて知識も豊富な弁護士に相談してみてください。

内縁関係であっても、法律婚の夫婦と同じく慰謝料や損害賠償を請求することができます。入籍届を出していないからといって諦めてしまわないで、まずは弁護士にご相談ください。